二歳差育児クロオ


どうやってストレスを無くすか、それが問題だ

STINGERの関連記事を「Similar Posts」に置き換え、本当の「関連記事」を表示する方法

      最終更新日 2017/03/09

 タグ : , ,

関連記事

今日はWordPressブログのカスタマイズのお話です。

ブログに STINGER5というテーマ を使うにあたって、検索に強い・回遊率が高いサイトを運営できることが魅力でした。

回遊率に直結する「関連記事」や「新着記事」の表示も、レスポンシブデザインの STINGER5 なら心配いらず。
スマホでもパソコンでも、読みやすく綺麗に表示してくれるのです。

至れり尽くせりのSTINGER5ですが、ただ一つ 関連記事の精度が低い のが気になっていたのです。

スポンサーリンク

STINGER5の「関連記事」はランダム表示

公式サイトによると、STINGER5テーマの「関連記事」は「同じカテゴリの記事」をランダム表示 するだけ。

関連がある記事を自動的に抽出するわけではないので、精度が高い・低いの問題ではなかったのです。
違うカテゴリに関連性が高い記事があっても表示されない のは当然のことでした。

このSTINGERの仕組みでも、記事をしっかりカテゴライズできているブログなら、あまり問題は起こりません。

でも、

  • あまり関連がない別の日の日記が表示される
  • ランダム表示なので、次に見たときに見つからない

など、些細な問題が気になっていました。

 
そこで、本文・タイトル・タグから関連度を調べて自動的に表示してくれる、Similar Posts を使うことにしました。
これならSTINGER5の「関連表示」から デザインをまったく変えずに 移行できます!

関連記事プラグイン「Similar Posts」を使う

Similar Posts は、全ての記事(または自分の指定したカテゴリ)から、関連している記事を自動的に取得してくれるプラグインです。

少し古いプラグインですが、WordPress4.0でも問題なく動作しています。
追記:最近は新しいプラグイン「Yet Another Related Posts Plugin」が人気のようです^^;

まずは、管理画面の「プラグイン」→「新規追加」の画面を開いて、

プラグインの追加方法

検索窓から、以下の2つのプラグインを1つずつインストールします。

前者はSimilar Postsを動かすためのライブラリですから、どちらもインストールしたらすぐに有効化しておきましょう。

Similar Postsの設定

インストールを終えると「設定」→「Similar Posts」というメニューができます。

ここからSimilar Postsの動作について細かく設定していきましょう。

動作のための初期設定

各メニューについて、最低限必要な設定を羅列していきます。
英語ですが、単純なのですぐ分かると思います。

General Settings(総合設定)

Number of posts to show に、関連記事を何件表示するか設定します。

このブログでは「8」に設定しています。

Manage the Index(インデックスの管理)

Handle extended characters?Treat as Chinese, Korean, or Japanese? の2つをYESに設定します。
これで日本語が扱えるようになります。

Other Settings(その他設定)

Relative importance of にあるパーセンテージを 関連性を重視する割合 に設定します。
コンテント(本文)・タイトル・タグの中でどれを重視して関連記事を抽出する? っていう話ですね。

このブログの場合は、

  • content:40%
  • title:20%
  • tags:40%

と、本文とタグを重視する設定にしました。

Output Settings(出力設定)

Output template の部分に、実際に出力するHTMLを入れます。
重要なところなので次の項目で細かく説明します!

HTML出力のカスタマイズ

STINGER5の関連記事テンプレート(kanren.php)は、HTML出力の部分はデフォルトで以下のようになっています。

kanren.php

<div id="kanren">
(中略)
  <dl class="clearfix">
    <dt> <a href="<?php the_permalink() ?>">
      <?php if ( has_post_thumbnail() ): // サムネイルを持っているときの処理 ?>
      <?php the_post_thumbnail( 'thumb150' ); ?>
      <?php else: // サムネイルを持っていないときの処理 ?>
      <img src="<?php echo get_template_directory_uri(); ?>/images/no-img.png" alt="no image" title="no image" width="100" height="100" />
      <?php endif; ?>
      </a> </dt>
    <dd>
      <h5><a href="<?php the_permalink(); ?>">
        <?php the_title(); ?>
        </a></h5>
      <div class="smanone">
        <?php the_excerpt(); //スマートフォンには表示しない抜粋文 ?>
      </div>
    </dd>
  </dl>
(中略)
</div>

(中略)のところは、同じカテゴリ内の記事を取得する設定だったり、記事が無い場合の記述なので今回はカットしてしまいましょう。

このdlリスト部分を整理するとこんな感じ。

<dl class="clearfix">
<dt><a href="記事のURL">記事のサムネイル</a></dt>
<dd>
   <h5><a href="記事のURL">記事のタイトル</a></h5>
   <div class="smanone">
   <p>本文の冒頭50文字...</p>
   </div>
</dd>
</dl>

これを Similar Posts の出力設定に記述 すればOKなのですが、日本語のところは自動的に入るよう直さなくてはいけません。

え? サムネイルがなかった場合の処理?
サムネイルがない記事は、一覧に並んだ場合に目立たないので、サムネイルは必ず設定すべき だと思います!
回遊率を上げるという目的的に。

記事タイトルとURLの取得

まず、Similar Posts側で用意されているショートコード {title}{url} で、記事タイトルとURLが取得できます。

サムネイル画像の取得

サムネイル画像の取得は、WordPressのテンプレートタグ get_the_post_thumbnail を使います。

get_the_post_thumbnailは、アイキャッチ画像を取得するテンプレートです。
まずは1番目のパラメータに、記事のIDを取得する {postid} を入れます。

2番目のパラメータには、取得したい画像のサイズを指定できます。
解説によると thumbnail / medium / large / full またはピクセル単位 で設定できるので、150ピクセル四方で出力してくれる thumbmail を設定しました。

さらに、PHP文を使う指示の {php} を使って、以下のように記述します。

{php: echo get_the_post_thumbnail( {postid},'thumbnail' ); }

 

抜粋文の取得

抜粋文が表示される場所には、{snippet:文字数} を入れることで本文の冒頭を取得できます。
50文字取得したいときは {snippet:50} と指定します。

完成したHTML

これで、記事タイトル・URL・サムネイル画像・抜粋文が自動的に取得できるようになったので、Output template内には以下のように記述しました。

<dl class="clearfix">
<dt><a href="{url}">
	{php: echo get_the_post_thumbnail( {postid},'thumbnail' ); }</a></dt>
<dd>
	<h5><a href="{url}">{title}</a></h5>
	<div class="smanone">
	<p>{snippet:50}...</p>
	</div>
</dd>
</dl>

この記述は、STINGER5のデフォルト出力をそのまま利用しているので、CSSはいじらなくてOKですね。

最後に、STINGER5テーマ内のkanren.phpを以下のように書き換え。

<div id="kanren">
<?php similar_posts(); ?>
</div>

これでSimilar Postsが機能し始め、STINGER5の「関連記事」と何ら変わらぬ形式で 本当の関連記事 が表示されるようになりました!

この記事の下の方にスクロールして、実際の表示を見てみてください!
8件の関連記事は、Similar Postsで出力されています。
 

まとめ

ということで、STINGER5の「関連記事」をSimilar Postsに置き換える方法をメモしておきました。

STINGERは効果抜群だけど、関連記事が気になる! …という方がもし居れば、試してみてください^^

参考にさせていただいたのは、こちらのサイト。
WordPressの関連記事に、Similar Postsプラグインを使ってサムネイルと概要を表示する | buslog

完全におんぶに抱っこですが、やりたいことが実現できました。
ありがとうございました!

 カテゴリ - STINGER

この記事がお役に立てたら、是非シェアをお願いします^^

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
feedlyで更新をチェックしてね!

  こんな関連記事もあったよ

0093
WordPressタグクラウドの強弱を背景色で表現して「意味のあるもの」にする方法

WordPressには タグクラウド という機能が用意されています。 投稿のタグを一覧表示するだけ...

0098
その検索、履歴残ってますよ…。家族には見せられないGoogle検索履歴の消し方

この記事は1年以上前に書かれたものです。 Googleのページ名などが若干変更されていますので、適...

0097
WordPress内の「検索結果0件」をカスタマイズ! 検索キーワードに応じて任意の記事を表示する方法

WordPressには サイト内検索 の機能があります。 多くのテーマでも、「検索窓」や「検索結果...

0092
STINGER5で、トップページの記事一覧から特定のカテゴリを除外する方法

WordPressとSTINGER5でブログを始めたとき、トップページには新着記事が一覧で並びます...

zakki
2015/04/21 雑記「モバイルゲドン」

さて本日は モバイルゲドン 当日。 モバイルでの閲覧に最適化されていないサイトは、モバイルで検索した...

zakki
2015/02/21 雑記「写真素材」

2012年から、3年近く無料写真素材の配布サイトを運営しています。 フリー写真素材「フォトマテリアル...

0096
4月21日のGoogleアルゴリズム変更に備えて「モバイルフレンドリーテスト」を実施しよう

つい先日、Googleが 「スマホ対応サイトを検索順位で優先するよ!」 と発表しました。 検索結果...

0089
月間7,000PVながら収益はボチボチ… 育児ブログ開始から3か月のアクセス数(PV)・収益実績報告

昨年11月18日ブログを始めてから、もう3か月が経過しました。 アクセス状況と収益はどうだったでし...


お気軽にコメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

 ※情報商材の紹介・被リンク獲得目的のコメントは承認いたしません